top of page

バーテンダー×TikTok

バーテンダーのTikTok活用方法と成功事例・メリットをご紹介

従来お酒を提供しているバーでは、紹介や飲食店掲載サイトなどから集客をおこなっていました。
しかし、情報発信できるTikTokを活用することで、バーテンダー自身でユーザーへのアプローチができるようになりました。
今回はNextViralがバーテンダーのTikTok成功事例や活用のメリットをご紹介します。

バーテンダー×TikTok

活用のメリットを紹介

技術の発信ができる

技術の発信ができる

競合が少なく目に止まりやすい

競合が少なく目に止まりやすい

バーテンダーの
タレント化ができる

バーテンダーの
タレント化ができる

バーテンダーがTikTokを活用することで、お店の雰囲気や特徴に追加して自身の技術を発信するといったアプローチが可能になりました。
従来の集客方法では、お店の大きさや価格帯、雰囲気などバーテンダーではなく店舗の特徴を活かして集客をおこなっており、従業員を駆使して集客をするという方法は難しい傾向にありました。
しかし、TikTokを活用することで従業員自身が動画に出演でき、自身の技術やお酒の作り方などを発信することで、新しいアプローチが可能となります。
バーなどのお酒を提供するサービスでは店舗の特徴よりも、働いている従業員によって集客が左右される傾向があります。そのため、従業員の技術などの情報発信は安定的な集客に繋がるなど店舗にとって大きなメリットを生み出します。

バーテンダーがTikTokを活用するメリットとして、競合アカウントが少ないためユーザーに認知してもらいやすい点もあります。
従来の掲載サイトなどは競合他社が多く掲載されており価格や立地など、店舗のステータスで勝負するしかありませんでした。
しかし、TikTokではまだ競合アカウントが少なく、先行優位な傾向があるTikTokではうまく活用することで、認知拡大や集客増加などに繋がります。
また、TikTokでは価格帯などの訴求ではなく、コンテンツや面白さなどの情報発信が重要なため、アカウントの運用次第で競合よりも優位になる可能性があります。

バーテンダーがTikTokを活用することで、動画に出演しているバーテンダーのタレント化ができる点もメリットです。
本来、飲食店では働く従業員よりも提供する商品に対してファンを作っていき、リピートしてもらうといった考え方が主流でした。
しかし、昨今の飲食店では従業員をインフルエンサー化させることで、商品ではなく従業員に会いにくるために来店するといったケースも珍しくありません。
そのため、バーテンダーが情報発信を繰り返しTikTok内で多くのフォロワーを確保できれば、来店増加などにも期待できます。

バーテンダー×TikTok

企業アカウント成功事例を紹介

バーテンダー しずたにえん

バーテンダー しずたにえん

バーテンダー しずたにえんは、東京で複数のバーを経営する代表者が運用しているアカウントです。
「このアカウント」では、スモークハイボールや年代物ウイスキーなど、ユーザーがあまり触れることのないお酒の紹介などをおこなっています。
手際の良い作業や鮮やかなパフォーマンスがユーザーから支持され、多くのフォロワーを獲得しました。
また、ウイスキー検定やバーテンダーの大会などでも活躍しており、バーテンダーとしての認知度拡大にも成功しました。

がんみのカクテル小学校

がんみのカクテル小学校

がんみのカクテル小学校は趣味のカクテル作りを動画にして発信しているアカウントになります。
「このアカウント」では、音声に合わせてさまざまなカクテルを紹介しており、お酒の種類をあまり知らない若い世代のユーザーに広まっていきました。
多くのカクテルを紹介していることから、「女性におすすめのお酒はありますか」などのコメントも寄せられるようになり、カクテルの情報アカウントとしても成功しています。

Muse Amuse(ミューザミューズ)

Muse Amuse(ミューザミューズ)

Muse Amuse(ミューザミューズ)は静岡県の静岡市にあるバーが運用しているアカウントです。
「このアカウント」では、真っ黒な背景に色が映えるバブルカクテルを作っているだけの動画を投稿し続けており、人物を一切出演させないことで他アカウントとの差別化に成功しました。
動画内では、さまざまなカクテルの原料や作り方などの情報を発信しており、主に女性客へのカクテルの情報アカウントとしても認知されています。

フレアバー"カラソル"

フレアバー"カラソル"

フレアバー"カラソル"は東京の池袋に店舗を構えるバーが運用しているアカウントになります。
「このアカウント」では、従業員によるバーテンダーパフォーマンスを投稿しており、エンターテイメント性の高いアカウントとしてフォロワーを増やしていきました。
また、動画内では従業員同士が楽しそうにしていることから「楽しそうな空間で行ってみたい」「安心して来店できる」など人柄を積極的に出すことで、フォロワーの信頼も獲得し多くの来店に繋がりました。

bottom of page