top of page

そのTwitter運用は絶対失敗します。2023年の企業戦略を解説!



今やほとんどの企業が取り組んでいる「Twitter運用」


Twitterを自社で運用してビジネスを拡大しようと試みる企業は年々増加しています。


今やほとんどの企業がTwitter運用に取り組んでいるといっても過言ではありません。


しかし、Twitter運用でビジネスの拡大に成功した企業はまだ多くはありません。


なぜなら、Twitter運用でビジネスを拡大するためのノウハウをもった人材は貴重で、ほとんどの企業には在籍していないからです。



「上司に言われてSNS運用始めたけどどうすればいいのか分からない」

「伸びるTwitter運用方法を調べて数ヶ月頑張ったけどなかなか結果がでない」

「運用を頑張っているけどどのくらい効果がでるのかわからない」




当社では、運用担当者からこのようなお悩みを多く耳にします。


どうすればフォロワーを増やせるのか悩んで、目標達成から遠ざかるような運用で失敗してしまう企業も多いです。


そこで今回は、多くの企業がやりがちな失敗してしまうTwitter運用や対処法、成功させる戦略を解説します。


Twitterアカウントの運用が上手くいっていない方やこれから始める方は是非最後までご覧下さい!



 

目次

企業のTwitter運用が失敗してしまう原因4選

  • 短期的な運用で効果を期待する

  • 目標設定されていない

  • 企業目線での発信になってしまっている

  • 運用担当者のリソース不足

Twitter運用の企業成功事例

  • シャープ株式会社

  • ローソン

2023年最新!Twitter運用戦略3選

  • 動画やGIFを活用してユーザーの興味を惹く

  • 2023年最新のプロモーションを取り入れる

  • Twitter Blueを活用する

  • Twitter社の今後の動きを注視して情報収集しよう

企業のTwitter運用を成功させる方法3選

  • KPI(重要業績評価指標)を設定する

  • コンサルティングしてもらう

  • 制作をアウトソーシングする

まとめ : 目標を明確にしてユーザーが喜ぶコンテンツを発信し続けよう!







自社のSNS運用が思うようにいかない場合、まずは失敗事例を学びましょう。


失敗原因を知らずに運用すると、間違った施策を実践して成果が出せない恐れがあります。


失敗してしまう原因を理解して同じ過ちを起こさないようにしましょう。




企業がTwitter運用で失敗する原因の1つ目は、短期的な運用で効果を期待することです。


Twitter運用では、売上アップなどの効果が現れるには中長期的な視点で運用する必要があります。


数年かけて認知拡大を成功させた企業も少なくありません。


少なくとも3ヶ月から1年ほどの期間で、成果を出すことを目標に運用しましょう。




企業がTwitter運用で失敗する原因の2つ目は、目標が明確に設定されていないことです。


多くの企業は、Twitterの運用目的として「認知獲得」を挙げています。


しかし、成果を上げるには認知拡大だけでは不十分です。


具体的には下記のように目標設定する必要があります。

  • ​自社商品やブランド名の認知拡大のために、タイムラインで目に触れてもらう回数を増やす。

  • ​トレンド性の高い商品や新商品をフォロワーに認知してもらい、購買意欲を掻き立てる。

  • ​ランディングページやECサイトに流入させて、商品を深く認知してもらう。

このように、具体的な目的設定が重要です。


もし、SNS運用が上手くいっていない場合は、目標設定が曖昧になっていないか見直しましょう。




3つ目は企業目線での発信になってしまっていることです。


Twitterは基本的に、個人が自己表現するためのツールです。


ビジネスライクな投稿はユーザーに不快感を与えてしまう危険性があります。


また、自社の商品やサービスを過剰にアピールする投稿は、ユーザーに誤解や不信感を与える恐れがあります。


Twitterは情報の拡散能力が高いため、不適切な投稿をすると一気に広まって炎上してしまいます。


ユーザーの興味を惹いてつい反応してしまうような投稿を工夫して作成しましょう。




運用担当者のリソース不足も運用が失敗する原因の1つです。


さまざまな業務と兼業でTwitter運用を行なっている担当者の場合、他の業務が忙しいと「とりあえず運用しているだけ」の状態で放置されるケースもあります。


Twitter運用は、努力に比例して結果が出るなら運用へのモチベーションも上がります。


しかし、結果がいつでるかが不透明なTwitter運用には強い忍耐力と分析力が必要です。


そのため、成果が出ない期間は後回しになってしまう企業が多いです。





次に、Twitter運用の企業成功事例を紹介します。


企業のTwitter運用を成功させるには、認知拡大や顧客との信頼関係の構築、ユーザーにとって有益な情報提供が重要です。


今回紹介する企業の成功事例を学んで、自社のTwitter運用に役立てましょう。




最初に紹介するのは、大手電機メーカーのシャープ株式会社の成功事例です。


シャープは、ビジネス色の少ない人間らしい投稿を中心に、Twitterマーケティングを展開して大成功を収めています。


一般ユーザーのようなフランクなスタイルの投稿で、積極的なリツイートやリプライによる認知拡大、ファン化を実現しています。


このシャープが取り入れた運用方法は、有名で多くの企業アカウントが実践し成果をあげました。




シャープのTwitter運用の特徴は2つあります。

ユーモアにあふれた一般ユーザーのような投稿スタイル


他企業アカウントやユーザーとの積極的な交流(リツイートやリプライ)


これにより企業アカウントとしてのお堅いイメージを払拭し、ブランド認知からユーザーのファン化の効果を最大限に引き出しました。


自社製品の宣伝や告知なども時折織り交ぜた投稿は全体的に高いエンゲージメントを獲得しています。


ただし、シャープの運用スタイルは担当者のセンスに依存するため注意が必要です。




次の成功事例は、コンビニエンスストアチェーンの株式会社ローソンです。


ローソンはTwitterを活用したオンラインでのマーケティング施策から実店舗への集客を促す運用で成功しました。


ローソンのTwitterに反応するとキャンペーンに参加できるインスタントウィン戦略で、多くのユーザーに実店舗への来店を促しています。




ローソンのTwitter運用の特徴は2つあります。


プレゼントキャンペーンで来店を促進する施策を高頻度で実施


フォローやリツイートを促すキャンペーンが豊富


ローソンは、商品割引チケットやプレゼントが貰えるキャンペーンをほぼ毎日開催しており、ユーザーはいつでも簡単に参加できます。


参加条件にリツイートやフォローの条件を加えることで、多くのユーザーの目に触れる機会が多く実店舗の来客数増加に貢献しています。


しかし、ローソンの運用スタイルは、企業の運用体制や資金力に依存してしまいます。


十分な予算や運用スタッフ、広告宣伝やプロモーション戦略など幅広いリソースが必要のため、資金力の少ない中小企業には不利な運営スタイルかもしれません。





Twitterはユーザーをより満足させるため常にアップデートを繰り返しています。


様々な機能が日々追加され、ユーザーの興味関心を惹いています。


そのため、数年前では不可能だった方法でのアプローチが可能です。


今回は、最新の運用戦略を3つ紹介します。チェックしてみましょう。




以前は短文テキスト投稿が主流だったTwitter。しかし、最近では

  • 1つのツイートに動画、画像、GIFの同時添付

  • おすすめタブに「おすすめの動画」トピックが表示される

などの機能が追加され、豊富なビジュアル表現ができるようになりました。


動画や画像での投稿は、テキスト投稿よりも多くの情報を伝えられるので、目に留まりやすいです。


Twitter社も「動画を載せた投稿は、載せていない投稿に比べてエンゲージメント率が高い」と公表しており、大きな宣伝効果が期待できます。





最新のプロモーションを取り入れるのも有効な手段です。


なぜなら、普段からTwitterを利用しているアクティブユーザーは、新しい機能に敏感で反応が良い傾向が高いからです。


今回は2つのTwitter最新機能を紹介します。


Twitter検索キーワード広告



2023年1月25日に登場した最新の広告メニューです。


ユーザーが関連性の高いキーワードで下記のアクションを実行すると広告を表示させる機能です。


  • Twitter内の検索窓に「検索キーワード」「ハッシュタグ」を入力

  • 「トレンドキーワード」をクリック


ユーザーが知りたいタイミングで広告を届けられるため、強力なアピールが期待できます。


ロケーションスポットライト



Twitter上でユーザーに向けて実店舗の来店を促進できる無料の機能です。


店舗の場所や営業時間、連絡先を表示しダイレクトメッセージでユーザーと直接コミュニケーションを取れます。


また、 Google Mapと連携して地図や道順も追加できるなど、便利な機能が豊富なので多くのユーザーを集められます。





Twitter Blueとは、Twitterで質の高い会話が見つかりやすくなる有料のサービスです。


利用すると主に下記のサービスでアカウントを優遇できます。

  1. アカウント名の横に認証マーク

  2. 投稿後30分以内のツイート再編集

  3. 誤送信防止のツイート取り消し機能

  4. 最長60分の高品位動画を投稿可能

  5. ツイートを優先的に表示

上記のように、Twitter Blueでは権威性を示したり、自社ツイートの露出を増やす効果があります。


また、月額980円(iPhoneアプリでは1380円)で利用できるため、安価で商品やサービスの認知拡大に貢献できる可能性があります。




イーロン・マスク氏がCEOに就任してから、Twitterは大きなアップデートを繰り返して急速に変化しています。


今後もさまざまな仕様が変更される可能性があるのでTwitterを運用する担当者は注意して情報を収集しましょう。





企業アカウントが失敗する原因や成功事例、最新のTwitter運用戦術の次は企業のTwitter運用を成功させる方法を紹介します。


これまで解説した内容と組み合わせれば、あなたのTwitter運用レベルは格段に上昇します。


是非最後まで読んで学びましょう。




KPIとは、企業の業績や成果を測定し監視するための重要な指標です。


KPIの設定により、成果の把握や改善の必要性、達成度合いを考察できます。


KPIは基本的に以下の項目で設定します。定期的に効果を測定しましょう。

  • ​ツイート数

  • インプレッション数

  • エンゲージメント数(いいねやリツイート、リプライなどの反応数)

  • ユーザープロフィールまでのアクセス数

SNSは、ユーザーの反応を常に正確に把握して研究しなければ成功しません。


具体的な数値として把握し、目標達成できるまでの施策を考え続けましょう。


KPIの設定で迷ってしまったら、今一度Twitterで何を実現したいのか振り返ってみましょう。


商品を売りたいのか、企業の認知を拡大したいのか、採用につなげたいのか目標から逆算して、自社にあったKPIを設定してみましょう。




自社での運用が上手くいかない場合、SNS運用のプロにコンサルティングを依頼するのも有効な手段です。


Twitterで成果を出す方法は、業種や業界、企業の社内状況などによって大きく異なります。


インターネットで紹介されている無数のノウハウから、自社に必要な情報を選定して成果をだせる企業もあります。


しかし、運用に慣れていない担当者が各企業の状況に合わせた運用方法を見つけるのは困難です。


あなたの会社の運用がうまくいっていない場合、一度プロからアドバイスをもらう施策を検討してみましょう。




コンテンツの制作が上手く行かない場合、アウトソーシングを検討してみましょう。


近年のSNSブームで様々な企業がTwitterに参入した結果、タイムラインには良質なコンテンツが溢れています。


動画などクリエイティブな投稿はプロと初心者によるクオリティの違いが顕著です。


また、最近のTwitterはおすすめタブで動画を優遇する機能や最長60分の高品位動画など、動画を優遇する動きが活発です。


自社サービスを動画投稿でアピールしたい場合、専門の動画制作会社に発注を検討してみましょう。


他のコンテンツと差別化を図るためにも有効な手段です。





Twitter運用は成功すれば大きな経済効果を得られる魅力的なマーケティングです。


しかし、だれでも無料でできる参入障壁の低さから、軽視してしまう企業が多いです。


「上司に指示されたからとりあえず運用しているけど上手くいかない」


こういった目標を見失ってしまったアカウントが大量にあります。


必ず事前に戦略を練って、目標達成まで長期的な目線でPDCAサイクルを回すことが成功への近道です。


ユーザーと自社の双方が喜ぶコンテンツを日々研究して運用しましょう。


もし、運用に迷ってしまった場合は是非当社にご相談下さい。


お客様の目的に合わせて最適なプロモーションをご提案します。


Twitter運用が上手くいかなくて困っている方や、これから始めてみたい方は、お気軽にお問合せ下さい。





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page