top of page

SNSコンサルは意味がない?!企業がSNS運用するための最新情報を公開!




これからSNS運用をコンサルに外注したいと検討しているけど、意味があるのかな?


この記事を読むことで、上記のような悩みや疑問を解決していきます。


SNS運用はこれからビジネスをしていく上で重要となるマーケティングですが、どのようにすればアカウントを伸ばしていけるのか、売り上げを作ることができるのか分からないと疑問を抱いている企業も多いでしょう。


そこで本記事では、SNSコンサルは意味があるのか、意味のあるSNSコンサルの特徴について解説しました。


それだけでなく、SNSコンサルの外注について迷った際の対処法についてもまとめています。


これからSNSコンサルへの外注を検討している人は、是非最後までご覧ください。


 

目次

SNSコンサルとは?

SNSコンサルに意味がないと言われる理由

  • 調べたら解決できる

  • コンサルをする人に実績がない

  • 作業は自社で請け負わないといけない

  • 特定のSNSしかコンサルできない

依頼する意味があるSNSコンサルの特徴

  • 成果・実績を出している

  • 複数のSNSをコンサルできる

  • 動画に精通している

  • 口出しだけでなく作業も請け負える

意味のあるSNSコンサル会社の選び方

  • 紹介で見つける

  • ホームページの実績を見る

  • ポートフォリオ・成果物を見る

SNSコンサルの選定に迷ったら?

まとめ



SNSコンサル(SNSコンサルティングサービス)とは、SNSに関する様々なサポート・アドバイスを受けられるサービスになります。


コンサルティングの内容は大きく異なりますが、投稿内容やハッシュタグ選定、企画・運用などのサポートが一般的です。


SNSの媒体によってアカウントの伸ばし方は大きく異なり、全てを網羅的に学ぶのは簡単ではありません。


例えばツイッターとインスタグラムでは、アルゴリズムやユーザー層が異なるため、同じように運用しても伸ばすことは難しいです。


また、自社の商材・サービスによって伸ばすべきSNSは異なります。


SNSをどのように伸ばすのか、何を始めればよいのか分からない際に、SNSコンサルを利用することで効率的に運用を始めることが可能です。





それでは、SNSコンサルに意味がないと言われる理由について解説していきます。



SNSに関しての疑問は、調べることで解決できます。


例えば操作方法などは、ネットを使えば簡単に調べることが可能です。


他にも、ハッシュタグの選定方法や投稿のポイントなども、ネットには多くの情報が溢れています。


しかしながら、他社が実際にSNS運用で成功した事例などは、調べてもなかなか出てきません。


大企業の成功事例などが掲載されることもありますが、それは多くの予算を投下して成功しているため、スタートアップの企業が同じことをしても意味がないケースが多いです。


1からSNSを伸ばしていきたいと考えているなら、様々なSNS運用の経験があるコンサルタントに依頼するのは、早く成果を出す上でおすすめの選択肢になります。




SNSコンサルを受けたいと考えているのであれば、コンサルをする人・企業の実績は確認しておいた方が良いでしょう。


SNSは参入障壁が低く誰でも始めることができるため、全く実績のない人がコンサルティングを名乗るケースも珍しくありません。


ネットの情報などで掲載されている知識だけでSNSを運用しても、成果を出すことができないケースは多いです。


そのため、SNSで既に成果を出した経験のある人・企業にコンサルティングは依頼したほうが良いでしょう。




SNSコンサルの会社によって異なりますが、SNSのコンテンツ作成などは自社で請け負わないといけないケースもあります。


自社のリソースが足りていなくて、コンサルティングでSNSの知識は習得できているけど、実際に更新作業ができないと悩んでいる企業は多いでしょう。


予算を抑えるのであればコンテンツ作成の作業は自社で行うのも選択肢の1つです。


しかしながら、コンテンツを作成するリソースが自社にないのであれば、コンテンツ制作も外注するのも選択肢の1つです。


例えばTikTokであれば、動画編集を外部に外注することで、自社は撮影だけに集中できます。


これからSNSコンサルの外注を始めるのであれば、コンテンツも制作できる企業を選んだほうが良いでしょう。




基本的に自社の商材・サービスによって、活用するべきSNSは変わってきます。


そのため、自社の商材に合うSNSを選定して運用できる企業に外注することが大切です。


例えばアパレル関係はインスタグラムと相性が良いと言われていますが、ツイッターのコンサルしかできない企業・個人に頼むとミスマッチが発生してしまいます。


全てのSNSを網羅的にコンサルできる企業・個人の方が、自社の商品・サービスを伸ばせる可能性は圧倒的に高いと言えるでしょう。




SNSコンサルは無形商材のため、企業・個人によって設定されている単価が大きく異なります。


SNSを伸ばすことはできたけど、コンサル費用が高すぎて費用対効果が合わないと悩んでいる企業は少なくありません。


これからSNSコンサルを外注するのであれば、費用対効果が合う企業・個人を探しましょう。


注意点としては、外注費を抑えるために安い企業・個人に依頼することです。


どれだけ値段が安くても、成果を得ることができなければ意味がありません。


成果を得ることができて、外注費を払っても利益を残せる企業・個人を選ぶことが大切です。





それでは、依頼する意味があるSNSコンサルの特徴について解説していきます。


これから紹介する特徴に当てはまるSNSコンサルは、外注する価値があるでしょう。




成果・実績を出しているSNSコンサルは、ネットなどで出回っている一般的な知識だけでなく、自社のオリジナルの知見や戦略を持っているため成果を出せる可能性が高いです。


言い換えると、成果・実績がないSNSコンサルは、一般的な知見だけで業務を請け負っているため、オリジナルの価値を出すことができません。


これからSNSコンサルを依頼するなら、成果・実績は確認しておいた方が良いでしょう。




基本的にSNSに力を入れるのであれば、複数のSNS媒体を運用していくため、網羅的にコンサルできる企業・個人の方がおすすめです。


例えばインスタグラムとTikTokは相性が良いため、2つのSNSアカウントを両方伸ばすケースも少なくありません。


1つのSNSに特化するのも戦略の1つですが、可能性を広げるという意味でもSNSを網羅的にコンサルできる企業・個人の方がおすすめです。





近年のSNSは動画の需要が伸びていて、TikTok・YouTube・インスタグラムなど動画で認知を広げられるSNSの方が多くのユーザーを獲得している傾向があります。


そのため、これからSNSコンサルを依頼するのであれば動画コンテンツの作成が強い企業・個人がおすすめです。


また、動画コンテンツを制作できるだけでなく、企画などのアドバイスもしてくれる企業をおすすめします。




SNSコンサルの中には、SNSに関する知識だけを口出しで提供して、作業は代行できないというケースも少なくありません。


しかしながら、作業も代行できる企業・個人の方が、自社のリソースを確保できなくなった際に安心してSNS運用を任せることができます。


またSNSで伸びるコンテンツにもポイントはあるため、やはり知識だけのコンサルティングだけでなく、作業の外注もできる企業の方が安心感はあると言えるでしょう。





今までの記事を読んで、意味のあるSNSコンサルに外注したいと考えている人も多いでしょう。


しかしながら、どのようにして外注先を選べばよいのか分からないと悩んでいる人も多いはずです。


そこで、意味のあるSNSコンサルを選ぶ方法を解説していきます。




身の回りにSNSコンサルを利用して成果を出している知り合いがいるのであれば、紹介してもらうことをおすすめします。


紹介であれば、知人からSNSコンサルの内容や成果を正しく聞けるので、安心して外注を依頼することが可能です。





ホームページの実績や事業内容を見て、良いと感じる企業・個人に依頼をするのもおすすめです。


注意点としては、ホームページは自社が魅力的に見えるように作られているため、実態より良いように記載されていることも少なくありません。


そのため、ホームページを見て安易に外注先を決めるのではなく、複数の外注先と比較・検討して納得できる企業を選ぶことをおすすめします。






実際にSNSコンサルのポートフォリオ・成果物を見ることで、どのレベルのスキル・知見があるのか判断できます。

【SNSコンサルティング会社:A】1年間でフォロワー10万人

【SNSコンサルティング会社:B】1年間でフォロワー5万人

もちろん発信内容や市場規模で異なりますが、上記であれば実績のある【SNSコンサルティング会社:A】企業の方が成果を出せる可能性は高いですよね。


注意点としては、SNSコンサルが提示してきたポートフォリオ・実績が、自社で作り上げたものではない可能性がある点です。


例えばフォロワー10万人のアカウントを自社が全て運用したのではなく、コンテンツ制作だけ外注で請けていて、運用などは違う人が担当したというケースがあります。


このようにコンテンツ制作だけ外注で受けていた人にSNSコンサルを依頼しても、運用などが分かっていないため成果を出せる可能性は低いです。


SNSコンサルが提示してきた実績を鵜呑みにするのではなく、どの業務を請け負って出た成果なのか確認しておきましょう。



SNSコンサルの選定に迷ったら、まずはコンサル会社のお話を聞いてみましょう。


どれだけネットで調べたとしても、分かる範囲に限界があるだけでなく、正しい情報なのか判断することもできません。


弊社は近年のSNSで最も重要となっている動画を活用したSNSコンサルに強いだけでなく、幅広いSNS媒体の運用ができるため、貴社に合うSNS運用を提案することが可能です。


無料でSNSに関する相談を承っているので、興味がある人は是非ご相談くださいませ。








本記事では、SNSコンサルに意味があるのかについて解説しました。


・成果・実績を出している

・複数のSNSをコンサルできる

・動画に精通している

・口出しだけでなく作業も請け負える


上記に当てはまるSNSコンサルであれば外注する価値はあるでしょう。


特に現在はSNSのアルゴリズムを把握している知識も大切ですが、動画コンテンツがポイントになります。


どれだけアルゴリズムをハックした運用ができても、コンテンツが良くなければ運用が上手くいくことはありません。


近年はインスタグラムやTikTokなど動画で訴求できるSNSのユーザーが増えているため、動画制作ができるSNSを選んだほうが良いでしょう。


弊社では動画制作に大きな強みを抱えているだけでなく、幅広いSNS媒体の運用もサポートできます。


相談は無料で承っているため、SNSで悩みを抱えている方はお気軽にお問い合わせください。






bottom of page