top of page

もはや必須?飲食店がTIKTOKをやらないといけない理由



TikTokは様々な業界の情報発信や集客ツールとして活用されています。中でも飲食業界との相性が良く近年一つの集客方法として注目を集めており、企業が参入するケースも増えてきています。


ではなぜ飲食店とTikTokの相性が良いのでしょうか? 本記事ではTikTokと飲食店の相性が良い理由を成功事例や注意点を踏まえて解説します。



 

目次

TikTokの成長はさらに加速中

  • TikTokの成長率

  • TIkTokユーザー層

  • TikTokユーザーの特徴

飲食店とTikTokの相性が良い理由

  • 食べログと連携できる

  • 位置情報を掲載できる

  • 飲食店に合ったハッシュタグが充実している

  • オススメに掲載される

  • 幅広いユーザー層に閲覧される

飲食店がTikTokを運用する際の注意点

  • 炎上のリスクがある

  • 誹謗中傷を受ける可能性がある

飲食店がTikTokでバズった成功事例

  • サブウェイ

  • ドミノ・ピザ

  • 焼鳥どん日垣兄弟

  • chef hiro

飲食店がTikTok運用の会社を選ぶときの3つのポイント

  • 費用を確認

  • 実績や経歴を確認

  • 運用してもらえる範囲を事前に確認

飲食店がTikTokを始めるならプロにお任せ!!



TikTokとはSNSツールの一つです。もともとは中国市場でリリースされた動画視聴アプリの国際版がTikTokと言われています。


TikTokは他の媒体と比べた場合でも著しい成長速度で日々進化を続けています。詳しくみてみましょう。




TikTokの普及率は今も拡大し続けており、世界の月間アクティブユーザー数が10億人を突破したと発表しました。


2017年にリリースされたTikTokは、FacebookやInstagram、Twitterより何年も早く10億人のユーザー獲得に成功しました。


現在では、世界で多く利用され、最も急成長しているソーシャルメディアの1つと言えるでしょう。




日本のTikTokユーザー層は、若者が多いイメージを持たれている方は多くいます。若者が発信できるツールという概念が強いですが、一概に若者が多いとは言えません。


日本のTikTokユーザー層は10代が約17%、20代が約22%、30代が約23%と社会人や中年層のユーザーが増えています。


そのため、若者向けのサービスを提供していない企業の参入も増えている傾向にあります。





TikTokのユーザー層は若者だけではなく、幅広い年代のユーザーがいることが分かりました。


日本のTikTokユーザーの特徴としては、流行りの動画や音楽を視聴したいユーザーが多くいます。


TikTokにはおすすめ機能が備わっており、多く視聴されている動画やインプレッションが多い動画が自動的に視聴できます。


そのため、流行りの動画内容や音楽をすぐに視聴することができ、新しい動画への興味を常に持った状況で視聴を楽しめます。






TikTokは若者が楽しむSNSツールだけではなく、中年層のユーザーがいることでビジネス展開として利用できるツールへと変化してきました。


TikTokでは飲食店がオリジナルの企画を発信して、来客や認知などに繋げているケースがよく見られます。


飲食店とTikTokの相性が良いのはなぜでしょうか。飲食店とTikTokの相性が良い理由を理解することで、効果的な活用が可能になります。




TikTokと飲食店の相性が良い理由の一つに食べログサイトと連携できる点が挙げられます。


TikTokで動画を視聴したユーザーがリンクをタップすることでメニューや予算などをすぐに確認することができ、メニューが魅力的であったり、来店可能な立地の場合はそのまま予約することができます。


食べログはディナータイムの予約が多い特徴があるため、飲食店の特徴を上手く動画に反映させることがポイントです。


例えば「10食限定メニュー」や「カップルに人気の〇〇な店内」など自社の特徴を動画に入れ込むことで予約数の増加に繋がります。





TikTokの機能に位置情報を掲載できる点も相性が良い理由の一つです。


ユーザーは動向をみて位置情報をタップすると、Googleマップやマップ、位置情報をコピーするといった3つが表示されます。


ユーザーは必要な情報を選ぶだけになり、来店が可能な場所かの確認をすぐにおこなえます。動画から興味を持ってもらうことで来店に繋がります。




TikTokではハッシュタグ機能があります。


ハッシュタグ機能でメインキーワードをつけて投稿することで拡散されやすく、多くのユーザーに動画を届けることが可能になります。


また、TikTokでは飲食・グルメ系のハッシュタグがトレンド入りしており、飲食店向けのハッシュタグが充実しています。


例えば、「#TikTokグルメ」というハッシュタグは、2022年4月で約61億投稿もあり、多くの需要があること言えます。




TikTokにはレコメンド機能というものがあります。ユーザーの好みに合わせてAIが自動判断し、ユーザーに合った動画を表示します。


そのため、グルメ系の動画をよく閲覧しているユーザーに自身の動画を届けやすくなります。


飲食店の動画をよく閲覧しているユーザーのレコメンドに掲載できれば、フォロワー以外のユーザーにも動画を届けることができ潜在的な顧客へのアプローチが可能になります。





TikTokでは若者だけではなく、幅広いユーザーが使用していることは先ほど説明しました。


飲食店はコンセプトはあるものの幅広い年齢層のお客さんが来店されるため、TikTokの幅広いユーザー層に動画を見てもらえるのは相性が良いと言えます。


自社の魅力がどの世代のユーザーに刺さりやすいかを研究しながら投稿することで来店や認知などに繋がるほか、元々ターゲット層ではない世代に認知される可能性もあるため、効果的な活用が可能となります。





TikTokを活用することで、飲食店への来店やメニューの認知に繋がることが分かりました。


しかしTikTokを運用する際に、注意するべきことがいくつかあります。事前に注意点を理解することで、リスク回避や対応をすぐにできるため理解しておきましょう。




TikTokを運用する際は、炎上のリスクがあることを理解しておきましょう。


万が一悪い印象で炎上してしまうと、予約キャンセルや飲食店自体のイメージダウンに繋がる可能性もあります。


動画を投稿する際は、ユーザーに不快感を与えないかや一般モラルに反していないかなどを注意したうえで動画を投稿するようにしましょう。


そうすることで炎上のリスクを回避できます。




TikTokを活用する場合は、炎上と同様に誹謗中傷を受けるリスクもあります。


動画自体が素晴らしい場合でも、心ないコメントや店舗への嫌がらせに発展するケースもあります。


悪意のあるコメントは思いも寄らない形で広がったり、知らないユーザーにマイナスのイメージを与えてしまう可能性もあるため、どのような対応をするべきかを事前に決めておくことが重要です。





TikTokを上手く活用することで店舗への来店や、イメージアップに繋がります。


今回は飲食店がTikTokを活用してバズった成功事例をご紹介します。


成功事例を参考にユーザーに求められる動画を作成できれば、自社の売上アップになるため参考にしましょう。






サブウェイはオリジナルのトッピングを紹介することで、動画を多くのユーザーに届けることに成功しました。


メニューを様々にカスタマイズしており、コンビニの商品をトッピングするなど、自由なサンドイッチの作り方を発信しています。


また、ユーザーからの質問に動画投稿で返答する形も実施しており、動画自体をユーザーとのコミュケーションとしても活用しています。







ドミノ・ピザは自由度の高い動画を投稿することでバズりました。


メニューに関する情報や、ピザあるあるや豆知識などポップな音楽とユーザーに語りかける内容の動画が多いです。


また、綺麗に魅せる動画よりもユーモアな内容も多く、動画内にクーポンを隠しましたなどの参加型の動画投稿をすることで上手く売上に繋がる宣伝も混ぜています。







焼き鳥どん日垣兄弟は、飲食店あるあるを投稿してバズった飲食店の一つです。


アルバイトに扮した登場人物が、飲食店での様々なあるあるを投稿することで共感を生みやすく多くのフォロワーを獲得しました。


また、登場人物のキャラクターもきちんと設定されており、メニューの紹介などはおこなっていないが成功しているといった特徴もあります。






chef hiroは寿司屋として動画の投稿をしている飲食店です。


chef hiro動画の特徴としてコメントの返信として、動画を投稿しています。「〇〇のお寿司はありますか」や「魚の捌き方教えてください」などのコメントに返信する形で動画を投稿しています。


コメントの返信を動画ですることは、ユーザーへの注目が集まるのはもちろん、採用されたいからコメントを繰り返しおこなうことで動画自体のエンゲージメントが増え評価の高い動画になりやすいです。





飲食店がTikTokを上手く活用することで、多くのメリットが生まれることが分かりました。


しかし、飲食店のスタッフはTikTok運用に慣れていない場合が多く、TikTokの運用代行会社に依頼するケースも増えています。


TikTokの運用を依頼する場合には、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。詳しくみてみましょう。




TikTokの運用代行を依頼する際は、費用帯や依頼にかかる時間的コストなどの確認を事前におこないましょう。


どのくらい費用が必要なのか、どの程度時間を有するのか、その費用に対する効果は得られるのかを的確に判断することが求められます。


費用を判断する場合は合計支出額だけではなく、得られる効果やTikTokに伴う売上アップや将来性を考えたうえで費用対効果を意識しましょう。





TikTokの運用代行会社を選ぶ際は、依頼先の会社の過去実績などを確認しておきましょう。


自社の店舗のイメージが決まる可能性のあるTikTokを実績のない会社に任せるのは不安です。


受け答えの対応が悪い場合や、ユーザーに対してのコメント返信などが丁寧ではない場合は、飲食店のイメージダウンに繋がります。


運用代行会社を選ぶ際は、自社の発信を任せても良い相手かどうかを見極める必要があります。




TikTokの運用代行会社を選ぶ際は、代行してくれる作業範囲を確認しておきましょう。


基本的には動画作成から、投稿文作成やタグ選定、投稿やアクション管理などをおこないますが、それ以上の作業をお願いできるのかなども契約前に確認しておくことで、相談することができます。


また、自社のイメージを明確に伝えるには、飲食店側が動画を撮りたいなどの要望も出てきます。


自社に合った依頼範囲があるため、どこまで作業を代行してくれるかを確認しておきましょう。





Next ViralではTikTokに特化した運用代行サービスをおこなってます。


これまでのアカウントを運用してきた経験を活かして、プロのマーケターがTikTokの運用をサポートします。


「認知度を高めたい」や「来店数を伸ばしたい」「新メニューをPRしたい」といった要望を一緒にかなえていきましょう。


サービスの詳細やメリット、成功事例やご利用プランなど気になる方はお気軽にご相談ください。




bottom of page